ドラマネタバレ、ゲーム
ドラマネタバレあらすじや感想、ゲームやアニメに関する話題多めなブログです。
ひよっこネタバレあらすじ

ひよっこネタバレ含むあらすじ「運命のひと」102話7月29日。

17週の最後の日となりました。
ひよっこは全部で26週。半分は過ぎてしまっています。
終わりのほうが近いなんて信じられないです。

毎日がエピソード満載で、一話入魂だというだけあっておもしろい。

雨男と呼ばれていた実

やはり世津子のところにいました。
会わせたい人は実でした。

しかし、目の前にいた実の表情はおかしかった…

お父ちゃん、みね子だよと訴えても反応がない。
雨男こと実(みのる)がひとこと。

「ごめんなさい…」

嫌です、こんなの!


言い残して出て行ってしまう
雨の中立ち尽くすみね子に、そっと傘を差しだす人が。

実でした。

世津子とすずふり亭がつないでくれる?

世津子はやっぱりお父さんと関係ある?
奥茨城の言葉が気になった世津子。
そして、すずふり亭の前を通過していった実。

すずふり亭が再度お父さんをつないでくれるといいな。

澄子の工場のせっけん

澄子が就職した工場のせっけんは、やっぱり品質がいいようです。
愛子さんも、川本世津子も使っている。
鈴子も!

澄子がほれ、ほれとすすめていただけあります。

→ 石鹸のパッケージにいる社長、諏訪太郎

ひよっこ102話ネタバレあらすじ

休みの日にみね子(有村架純)が部屋でのんびり過ごしていると、世津子(菅野美穂)が突然訪ねてくる。「今から出られないか」と言われ、急いで支度をすることに。外で待とうと出てきた世津子は、買い物帰りの愛子(和久井映見)に出会う。少しだけ言葉を交わすと、車に戻っていく世津子。愛子と鈴子(宮本信子)は世津子の思い詰めた様子を不安に思い、みね子を送り出した後「もうつらいことがないといいな」と思いやる。

ひよっこ102話キャスト

有村架純,沢村一樹,菅野美穂,和久井映見,宮本信子

→ ひよっこネタバレあらすじ一覧