ドラマ

ひとパーのブルゾンちえみもっと全開でもいいくらいでした

人は見た目が100パーセント、省略するとひとパーだそうです。うーん、ひとパー、定着するかな。
ブルゾンのドラマって言ったほうがわかりやすいような。

女子っぽいドラマにあまり興味がなかったのですが、ブルゾンちえみさんが出ているということで気になってみてみました。
きれい系女子二人がどれだけドラマにはまるのかも気になるけれど。
ひとパーのドラマみた感想です。

ひとパーは原作から離れてる!?

人は見た目が100パーセントには漫画の原作があります。
漫画のほうのファンの人は、ドラマと漫画との設定が違うという意見も少なくないようです。

原作があるドラマにはいつも言われることですが、原作のイメージがあるので、ドラマ化や映画化されるといろいろな意見があるものです。
私は原作を読んだことがないので、フラットな形でドラマを見ています。

ひとパーのブルゾンちえみがはまってる

ドラマがはじめてというブルゾンちえみさんですが、なかなかいいなって思いました。桐谷美玲さんと水川あさみさんと三人でとてもいい感じ。

ストールのくだりは、コミック5巻に収録されているそうです。

帽子の研究のときの、ブルゾンちえみさんの虫捕りコーデに笑ってしまいました。
私もあるあるです。麦わら帽子かぶると、畑仕事みたくなってしまうんですよね…。
田舎っぽさが出てしまうので困ります。

國木田さんにスカーフ巻いてもらい帽子もかぶりなおしたところで、いいじゃんと言われた三人。
ほめられることに免疫がないから、恥ずかしさを隠すために帽子をとったりして、かわいい。
絶対、ほめてくれる人いっぱいいるよー、って思いました。

まとめ

予告の最後に、ブルゾンちえみ前回のセリフがありました。

探さない、待つの!

どんなふうだろう、浮いてしまうのかなと思ったけれど、ナチュラルメイクのブルゾンちえみさんもよかったし、演技も自然でした。
原作とは違っているのかもしれないけれど、ドラマの三人はとてもいい感じでした。
来週もみてみよう♪

-ドラマ
-