ドラマネタバレ、ゲーム
ドラマネタバレあらすじや感想、ゲームやアニメに関する話題多めなブログです。
ひよっこ ネタバレ あらすじ

ひよっこネタバレあらすじ「ミニスカートの風が吹く」124話8月24日の感想です。

みね子はやっぱりやさしい。
やさしいというか、いい人。
世津子のことが気になってしまいます。

雨男との別れのとき、泣いていたし、その後ベンチに座っている姿がありました。
どうしているんだろう。

ひよっこ谷田部家会議

実が記憶喪失になり、行方不明になることで、みね子に迷惑をかけた。
給料の大半を仕送りする暮らしから解放してあげたいと。
簡単に考えると、実が出稼ぎに出ればいいけど、もう美代子に心配をかけたくない。

収入を増やすにはどうすればいいか。

宗男と滋子に相談。
記憶はないけど、実さんは変わってないですね。

由香がすずふり亭前をうろうろ

由香がすずふり亭の前でうろうろ。
でも、まだ無理と去っていったそのあと、柏木堂へ行きました。

頼みがあると。

何だろう。

テレビ局への出前で世津子を見かける

テレビ局への出前にヒデと一緒に行って、世津子を見かけます。
勇気が必要だったという手紙も丁寧に一生懸命書いたことが伝わるものでした。
それと同時に、みね子や綿引との手紙の文字の差が鮮明で、世津子がどれだけ苦労してきたのかがわかるものでした。

華やかな場所にいながら、どこか悲しい川本世津子の姿。

ひよっこ124話ネタバレあらすじ

テレビ局へ出前に来たみね子(有村架純)と秀俊(磯村勇斗)は、収録の出番を待つ世津子(菅野美穂)を見かける。実(沢村一樹)を連れ出してから一度も会っていなかった世津子が、みね子は気になってしまう。奥茨城では、実が宗男(峯田和伸)と滋子(山崎静代)に、これからの谷田部家の生計について相談していた。みね子に頼らずに暮らしていくにはどうすればよいか、茂(古谷一行)と美代子(木村佳乃)とみんなで考える。

ひよっこ124話キャスト

有村架純,沢村一樹,木村佳乃,峯田和伸,佐久間由衣,しずちゃん,宮原和,高橋來,やついいちろう,磯村勇斗,古舘佑太郎,島崎遥香,菅野美穂,佐々木蔵之介,三宅裕司,古谷一行,宮本信子ほか

→ ひよっこネタバレあらすじ一覧