ドラマネタバレ、ゲーム
ドラマネタバレあらすじや感想、ゲームやアニメに関する話題多めなブログです。
ひよっこネタバレあらすじ

ひよっこネタバレ含むあらすじ「大丈夫、きっと」105話8月2日の感想です。

今週のタイトル、「大丈夫、きっと」
お父さんのことだと思います。
不安なみね子に美代子が声をかけるか、それとも、みね子が前向きに母に言うか。

お父さん、逃げ出して行方不明にはならないと信じていたけど、つらい展開です。
何とか思い出してほしい。

美代子が上京を決意

いなくなったときと同じく、美代子も東京へ行くことになりました。

ちよ子や進に悟られないようにするのは大変でしょうね。
前はみね子がいたけど、今度はおじいちゃんだけ…。

昔の電話は、加入権だけで15万円とか払わないといけなかったから、どこの家にも当たり前に置いてあるわけではありませんでした。
だから、みね子の家にはなかったんですよね。
よその家に行って電話を借り、そこで深刻な話をしなくてはいけない。

鈴子さんが手紙にしなさいと助言したのは、そういうところまで考えていたのかも。

美代子の台詞「うん、半分ね」

バスの中で実が見つかったのかと尋ねられた美代子。
「うん、半分ね」
とこたえました。半分、まさにそうですよね。

体は見つかったけど、実の心はどこかに行ってしまっている。
美代子のこともわからないだろうけど会いに行くことを決意した。

そして、指輪をはめる。

決意の表れが見えました。
世津子と、記憶喪失と戦う。
美代子の上京はいつもつらい場面。

6:39の汽車、どんな気持ちで一人乗ってきたのだろう。

美代子の回想名場面

8月2日のひよっこは回想シーン多めでした。
稲刈り、最初の上京。
みね子が就職を決意した場面。

月日が流れたということを実感します。

愛子の助言

みね子さんは、どっちの気持ちも察することができる人
悪く言えば、どっちつかずになってしまう。

だから、今日はお母さんだけを見てなさい

確かに、みね子はお互いのことを知っている唯一の人。

ひよっこ105話ネタバレあらすじ

みね子(有村架純)からの手紙を読んだ美代子(木村佳乃)は不安でたまらなくなるが、ちよ子(宮原和)や進(高橋來)になんとか動揺を悟られないように努める。夜、茂(古谷一行)にも手紙を見せると、東京へ行く決意を話す美代子。みね子は、美代子との待ち合わせ場所に向かう前に、愛子(和久井映見)から声をかけられる。

ひよっこ105話キャスト

有村架純,沢村一樹,木村佳乃,峯田和伸,羽田美智子
佐久間由衣,泉澤祐希,竜星涼,松尾諭,遠山俊也
宮原和,高橋來,やついいちろう,磯村勇斗
城戸光晴,三浦俊輔,菅野美穂,和久井映見ほか

→ ひよっこネタバレあらすじ一覧