ドラマ

木村佳乃あさイチゲストでひよっこや家族を語る

あさイチに木村佳乃さんがゲストで出演しました。
東山紀之さんのことを、「あのかた」と呼んで話題にするなど、いろいろなことを話してくださいました。

4月28日、今日の放送でみね子と美代子が寄り添って寝るシーンっで、おでこにチューしたアドリブがうれしかったということです。有村架純ちゃんがかわいかったと語っています。

忘れっぽくてさっぱりした性格を母から受け継いだので、ストレスも忘れてしまうから元気でいられるそうです。
20代のころは悔し泣きしたこともあったと話していました。監督に言われたことができずにくやしかったという思いがあっての悔し泣き。
30代になり、自分の身の丈を知るようになり、だんだん需要があるところに供給できるようになっていったということでした。

木村佳乃いばらぎじゃありませんのシーンを語る

台本を読んだ時から大事なシーンになる、ということで、ものすごく考えたそうです。緊張もしたそうです。
美代子が生まれてはじめてくやしい思いをした

アメリカに湾岸戦争のころに住んでいたころ、英語を話せない、自分がくやしい思いをしたという体験を思い出した。そのことを思い出したから美代子に共感できたのだという木村佳乃さんです。

→ いばらぎではありません、いばらきです

子どもが生まれる前は、子役の話を真剣に聞いていたけど、自分の子どもが生まれた後は聞き流すことも覚えたということでした。5歳と3歳の二児の母。自分の職業を子どもたちにどうやって伝えるのかということを、大竹しのぶさんに相談したところ、教えなくていいよ、そのうちわかるから、と言われたそうです。

このひよっこの本を見て書いたという、木村佳乃さんの娘さんが描いた絵を紹介されていました。


ひよっこ(Part1) [ NHK出版 ]

おうちごっこをする際に、お母さん役をお母ちゃんと呼んでいるという娘さん。ひよっこ影響ですね。

羽田美智子さんがマチルダちゃんみたい

お歳暮を持っていくシーン。泣いたあとに木村佳乃さんが笑いだして、何だろうと思ったら

マチルダちゃんみたい

ということを木村佳乃さんが羽田美智子さんに言ったそうです。
きぶくれした感じがマチルダちゃんみたいだと思ったそうです。

ジルケ人形(シルケフレンド)・Mathilda(マチルダ)

マチルダ、かわいい人形ですね。

→ これはお歳暮です

井ノ原快彦と木村佳乃は41歳で同い年

デビュー間もないころに出会ったというイノッチと木村佳乃さん。
話している二人がとても楽しそうで、見ているほうも楽しい気持ちになりました。

東山紀之さんの後輩でもあるイノッチの語りがとても軽快でした。

東山さんからイノッチにメールが届いたそうです。
なんでもしゃべるからという内容だったそうです。メールを送ったことは木村佳乃さんも知っていて、イノッチを頼れと言われたそうです。

バラエティーでも明るい木村佳乃

NHKでありながら、日本テレビから映像提供してもらい、イッテQの映像が流れました。
私も見たのですが、スライダーで池に飛び込む、飛び込んだあとに水草が頭についた神映像。

バラエティーに出るときも全力なのだそうです。
東山さんから、バラエティーに出るなら全力でやらないと芸人さんにも失礼だから、真剣に取り組むよう言われているそうです。
女優としてのイメージを昔は考えたこともあるそうですが、今の木村佳乃さんの全力な姿は女優さんのイメージを崩してもいないし、ますます魅力がアップしていると思います。

ひよっこを見るきっかけの一つが、イッテQの木村佳乃さんが出るということだったのは私です。

まとめ

朝ドラ大変そうに見えるし、二児の母である木村佳乃さん、どうやって家庭のことをしているのだろうと思っていましたが、休みに関しては配慮があるとのことでした。

運動会などの行事も行くようにしているし、長期休暇にもなるべく休むようにしているそうです。旦那さんの東山紀之さんと仕事を調整しているそうです。

-ドラマ
-