ヒカル(ユーチューバー)祭りくじ動画に学ぶ景品について

ユーチューブ

ユーチューバーのヒカルさんがアップした祭りくじ検証動画の再生回数は600万回を突破し、ヤフートレンドや、ヤフーニュースなどにも取り上げられています。

祭りくじについては、1万円くらいくじを買ったが当たらなかったと警察に通報した男性がいて、その後屋台の人が逮捕された案件がありましたが、今回は通報まではしない模様。
ヒカルさんのチャンネルでは、翌日アップされた動画で、今後も検証する、警察に動画を提出しようかと思っていると語っていましたが、周囲の人たちに危険があると悪いのでやめるとのことでした。

祭りくじの闇、その他欲をかきたてられるものについてまとめました。

祭りくじ300円でニンテンドースイッチ当たりは違法になる?

今回ヒカルさんが検証したのが、祭りくじ。
1回300円、2回500円というもので、景品の中にはニンテンドースイッチやVRの箱が展示してありました。
ゲームソフトも多数並べられていました。

ヒカル祭りくじ検証動画で出ていたお店の掲示物

100 特賞 WA賞
81~99 A賞 好きな商品
61~80 B賞 ゲームソフト、ラジコン、エアガンetc
31~60 C賞 カゴ賞
1~30 D賞 残念賞
サービスタイム
出た番号に10番プラスします
店主
安心してください

(とにかく明るい安村写真)

当りが
はいってますよ!

確認できたのは三種類の掲示物でした。
出た番号にプラスするというのは、もしも51番を引いたとしたら、10プラスして61番となり、B賞当選となるということだそうです。
サービスタイム。

ということは、50番までの番号は、ハズレの部類ですね。

ヒカルが15万円投資して得た祭りくじの番号

最初は10枚ずつ購入していたヒカルさんでしたが、徐々に枚数を増やしていき、100枚購入などしていました。
当りがある確率が高いところからくじを引きたいというヒカルさん。

まだ奥にくじがあるという店番の男性。

奥にあるくじを全部出してくださいとヒカルさんが言うと、5袋くらいを男性が見せました。
過去の逮捕案件から、くじ買占め対策でたくさん用意していたのかもしれません。
あくまで推測ですが。

追加したくじから100枚を引いても出ない。
累計15万近くの祭りくじを引いた結果が、特賞A賞B賞がなかったとヒカルさんが動画内で言っていたということは、51番以上のくじはなし。
全てが50番以内のくじだったということになります。

金額からすると500回くじを引いたことになりますが、それで全てが50番以内というのは、通常で考えるとありえないです。

今回の祭りくじ屋は違法?

では、この結果から、祭りくじ屋は違法なのかということですが、グレー、になりそうです。
動画内では全てのくじを買ったわけではなく、お店が用意しているくじの一部分しか購入していません。

確率的には、普通に考えるとありえないですが、全くありえないわけではないからです。

景品表示法というものがあるそうで、そちらにひっかかるかもしれないという話もあります。

300円のくじで当たる景品は、20倍の6000円が上限であるという決まりがあるのだそうです。
このお店では3万円程度のニンテンドースイッチが当たるというような箱の展示の方法をとっていたので、景品表示法にひっかかるかも、ということらしいのです。

100円のクレーンゲームで高額商品は違法?

似たような仕組みで、子どもが好きなのがクレーンゲーム。
クレーンゲームは祭りくじとはまた別らしいです。

クレーンゲームに関しては、クレーンを動かすということにお金を払っていることになっているらしく、景品はあくまでおまけ程度の存在なのだとか。
景品は800円程度という決まりはあるようですが、通常では売っていない商品であることなどで、高額品も景品として置いてあるとのことです。

ヒカルさんは、クレーンゲームについても検証動画を複数アップしています。
確率機と言われる、カプセルを取ったら景品がもらえるクレーンゲームや、穴に棒を通すタイプのゲームなど、これって当たるの?という疑問に体当たりしています。

検証動画をみるとわかるのですが、一定の金額を回収するとクレーンが強くなる時があり、景品をゲットできるようです。

宝くじは高額当選があるけど違法じゃないの?

宝くじも、なかなか高額当選は難しいです。
ヒカルさんも宝くじには挑戦しています。回収率は20パーセント程度。一等を当てるには落雷に合うより難しいとされています。

でも、昔近所で高額当選、ジャンボの一等が出たという人がいたんですよね。
田舎ですのでたちまち噂になっていました。
夢を見るのが幸せか、噂になっても当たるのが幸せか…。

宝くじは一枚300円なのですが、祭りくじとは別の法律があり、上限設定は以下の通り。

  • 当せん金の上限が額面金額の50万倍
  • 総務大臣の指定を受けた宝くじは上限が額面金額の250万倍
  • キャリーオーバーのある場合、当せん宝くじ一枚あたり額面金額の500万倍
  • 一枚300円の宝くじで、一等7億5000万円が可能ということになります。
    近年当たりの本数が増えてきているのでは?と思われがちですが、当たり金額の総額も決められています。金額が多いときには、販売本数も増えているそうです。

    販売されるユニット数に注目するとわかります。

    一等を当てる確率は1000万分の1ともいわれています。
    10000000の1。
    ゼロ7個です。あくまで確率ですので、1000万枚購入したからといって100パーセント当たるわけではありません。
    1000万枚購入するなんて、無理ですが…。

    10枚だけ買って当たった、とか、1枚買って当たった、という人も多いようです。

    まとめ

    今回の祭りくじ検証によって、問題提起となり、話題になったというのはよかったのではないでしょうか。
    ヒカルさんも、100万人登録者がいるこのチャンネルでやることに意義を感じているようです。

    祭りくじなんて当たらないものだ、それが祭りだ。
    雰囲気を楽しむものだという意見もあるようですが、子どもを相手にした商売なので、当りがないくじを売り続けるのはやめてほしいです。
    輪投げや射的で失敗した、ということとは少し違っているからです。

    祭りくじは、世の中の厳しさを教えるというか、射幸性をあおっているだけのような気がするからです。

    ヒカルさんが検証したお店、早々に閉店したようです。

    スイッチも飾られていません。
    気まずくなって閉店したのか、大きな儲けが出て閉店したのかはわかりません。

    今回の検証動画で得たことは、消費者として正しい目を持ち続けていきたい、という気持ちになれたことではないでしょうか。

    以前、明らかにコピーしたものだろうという、質の悪い印刷のポスターを祭りくじの景品でもらったことがあります。
    無断でキャラクターを利用してお金を得ているわけなので、著作権とか大丈夫なのかなと疑問でした。
    違法か違法じゃないか、どこかのテレビ局で検証してくれないかな?

    祭りくじ、実際に当たったことあるよ~という人がもしいたら、SNSでアップしてくれたら、夢が再び広がりますが、あの動画を見ると、夢はないのかなと思ってしまいます。
    でも、ヒカルさんは、楽しい動画もアップできたらと言っていますので、今後、祭りくじ当たったという動画もあがるかもしれません。

    タイトルとURLをコピーしました