ドラマネタバレあらすじやゲームに関する話題
ドラマネタバレあらすじや感想、ゲームやアニメに関する話題多めなブログです。最近はひよっこにはまっています。
ニュース

宮崎謙介元議員のインタビュー動画


みわちゃんねるという動画の中で、宮崎謙介元議員の回がありました。金子恵美議員の回をみた後での宮崎謙介さんの回だったのですが、よくしゃべるなぁという印象。長い動画なのですが、ほとんど宮崎謙介さんが話していたような気がします。
チャラい、という雰囲気も少しでていたように思いました。

以下、まとめです。最後に動画へのリンクもあります。

宮崎謙介さんの経歴

フィリピンに2歳まで父親の仕事の都合で住んでいた。
英語でコミュニケーションをしていた。今は英語はできない。

7歳(小学2年生)で帰国し、東京(新宿)の学校へ。先生が厳しかった。
熱帯で育ったのでギャップを感じた。忘れ物をしても怒られた。横断歩道の渡り方さえわからなかった。

早稲田大学高等学院

ボート部で国体

早稲田大学漕艇部が宮崎謙介さんとの関係はないとの発表をしています。
途中で退部しているので関係ないのだとか。わざわざ早稲田大学漕艇部が公に発表しなくてはいけないほど、宮崎元議員のイメージは最悪ということになるのでしょう・・・

早稲田大学

大学では広末涼子と同じだった。広末さんの授業に潜入したことがある。親衛隊がいた。
あの頃宮崎謙介さんと広末涼子さんが出会っていたらねぇというインタビュアーのフリに、

12分50秒くらい
「人生何があるかわからないですからね」

本当に、人生何があるかわからないですね・・・

2003年社会人

日本生命に入った。おばちゃんたちには会えなかった。本社勤務。

会社を興したかったが、修行してからと思っていた。
大企業に入るには、新卒の今しかない。業界のリーディングカンパニーに入る。
1年で退社。
今考えるととんでもないことをしたと思った。

次は人材系の会社。1000人規模。1年でやめる。もっと小さい企業に入りたいと思ったから。
その次にIT系の営業。二本で一番最初にブログを作った会社。

このIT系の会社に関しては、あとで言うとのことでしたが、結局会社名はわからないまま終わっています。

2007年起業26歳

人材の会社。企業からお金をもらう。

若い人たちと接点を持つ中で、若い人たちが希望をもっていないのはやばい、ということで政治のほうから若い人たちが希望をもてるような社会を作りたいと思い始める。
会社は譲った。

リブセンスの村上さんは少し後輩にあたる。

スポンサーリンク

2013年初当選32歳

マーケティングのゼミにリクナビで自民党に入った後輩がいた。どうやったら国会議員になれるかと聞いたところ、公募だと言われる。

父親は静岡。母親は京都、谷垣前総裁がいる場所。東京は埋まっていた。
現職が強い。知らない議員だったからいけるのではないかという考え。甘かった。
216票差で勝った。激戦区だった。

その他

何時間でもしゃべれる。

EXILEと会ったことがある。

TAKAHIROさんと並んでもいけますよね、背が高いしとインタビュアーに褒められたところ、まんざらでもないという態度でした。
今日はイケメン議員なので視聴率がいいと言われたときにも、否定はしていませんでした。きっと、自分でもイケメンだと思っているのだろうな、と見受けられました。

宮崎謙介プロフィール

青年局次長
経済産業委員会
科学技術イノベーション
推進特別委員会
消費者問題特別委員会
雇用問題調査会
キャリア教育推進 特命委員会
知的財産戦略調査会
日本経済再生本部
IT戦略特命委員会

う~ん、たくさんの会に所属していたのですね。辞めることになってしまい、たくさんの会のかたたちに迷惑をかけたということになります。

安倍現首相の美しい国を読んで、こういう考え方があるのかと、そこから勉強をしはじめたそうです。

新しい国へという本も読んでいると動画内で語っていました。
新しい国へ  美しい国へ 完全版【電子書籍】[ 安倍晋三 ]

3年以内に成し遂げたいこと

ベンチャー企業支援
若者雇用
キャリア教育

どれか一つに議員立法を出したい

起業家としての心構えはとの質問に対する回答

謙虚に、何かあったら自分のせいだと思わないといけない

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。