ドラマネタバレあらすじやゲームに関する話題
ひよっこネタバレあらすじ特集中!ドラマネタバレあらすじや感想、ゲームやアニメに関する話題多めなブログです。
スポーツニュース

あのナベツネついに辞任。

渡邉恒雄(わたなべつねお)、通称ナベツネさん、読売ジャイアンツ取締役最高顧問を辞任するそうです。賭博問題の責任をとる形となります。もう90歳近いのにトップに現役として君臨しているというのはすごい。
賭博問題については、週刊文春の記事になる前に発表されたもののようです。また文春。
センテンススプリング!

昨年10月に福田聡志投手、笠原将生投手、松本竜也投手の3投手が野球賭博に関与していたことが発覚しました。そして今日、3月8日に高木京介投手が野球賭博に関与したと発表したのです。高木投手、星稜高校出身の26歳。

2015年5月14日の広島東洋カープ戦で、逆転を許したマイルズ・マイコラスの後の二番手として中継ぎ登板。2イニングを抑えた後、自身の打順で代打が送られたことでプロ一軍戦初登板から117試合連続負け投手無しの日本プロ野球新記録を更新した

ウィキペディアより引用

次々明らかになる野球賭博問題。こうなると、野球への信用がガタ落ちです。一部の選手の行為によって、野球界全体のイメージに傷がつきました。
清原選手の覚せい剤問題でもダークなイメージができかけているのに、追い打ちをかけました。
一軍選手の野球賭博関与。八百長についてはまだ不明ですが、初登板から負けなしの日本プロ野球新記録も台無し。

前回の3人の関与が明らかになったときに、どうして高木京介投手は名乗り出なかったのでしょうか。隠れて、見つからなければそれでいいという考えが見えて残念です。ファンにも球団にも嘘をつきながら現役投手としてプレーしていたということになります。読売ジャイアンツ側も、本気で調査に乗り出してほしいです。同じチームの人たちを疑うのは心苦しい、信じたくないという気持ちもあるだろうけど、そう思っていたら明らかにならない真実があるということが今回のことで証明されています。

スポンサーリンク

徹底的にダークな部分を解明して、クリーンな野球を取り戻してほしいです。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。